リアルタイムコミュニケーションとストリーミング技術で未来を切り拓く。

WebRTC・ORTCベースのビデオストリーム・データストリーム圧縮技術を利用したシステム開発事例

  • ウェブ会議システム
  • ウェブ学習システム
  • ビデオチャットシステム
  • ドローン映像認識・識別
  • ロボット遠隔操縦

WebRTCは、登場と共に”誰でもリアルタイムコミュニケーションを扱える時代”という劇的な変革をもたらしました。
現状ではその変革の意味やインパクトはまだ深く議論されていません。
また、WebRTCは”ブラウザ上の技術・規格”と理解されていますが、その規格をサポートする環境として、iOS、Androidのネイティブアプリも含まれてきており、ブラウザを飛び出して活用され、デバイス制御にも応用されてきています。
今後は、デバイスだけではなく、VR/MR/ARのようなバーチャル空間上でコミュニケーションを取るしくみとして利用が生まれてきています。
WebRTCからORTCへさらなる発展を遂げていくRTCの技術は、様々な領域で活用されていくことに、WebRTCから始まった変革に注目してきた方々は期待しています。

当社では、WebRTC/ORTCの規格を中核に、ブラウザとデバイスをつなぐコミュニケーション技術ならびにデータ圧縮技術として、新しい概念のUIの対応も視野にいれたIoTビジネス・ソリューションを実現していきます。

新しいWebテクノロジー

WebRTC

WebRTC

WebRTCとはビデオや音声やデータ等の通信をブラウザ間で双方向にやり取りすることを実現したリアルタイムコミュニケーション技術のひとつです。WebRTCの機能を利用することでウェブサイト上の音声通話やビデオ配信などを容易に行うことができます。
ビデオ配信サービスやビデオ会議のシステムをウェブアプリケーションとして開発することができます。

ObjectRTC

ObjectRTC

ObjectRTC(ORTC)はWebRTCを拡張することにより、WebRTCで制約が多い問題点の解決を図り、シグナリング時のSDP文字列問題を不要とし、低レベルAPIを充実させることにより、様々なデバイスで動作させることを実現した規格です。また、SVC(Scalable Video Coding)を採用し、様々な動画解像度・帯域に対応しています。ORTCは"WebRTC NV"として策定されています。

Signaling

Signaling

シグナリングは、通信相手の情報を取得する手段です。WebRTCでP2Pの通信をする場合でも通信相手の情報を知る必要があります。WebRTCではWebSocketによる接続方式をよく用いられます。通信相手の情報を取得できたら、映像やデータの通信方式としてICEサーバーによりTURN、STUNの方法を取得した情報から選択します。当社では、接続先の情報を取得する方法として、特許を取得しております。
"特許第4643697号(P4643697)   通信方法"

ウェブ学習×ビデオチャットシステム 開発事例

  • 大手英会話企業様 オンライン学習システム

    大手英会話企業様 オンライン学習システム

  • iOS ドキュメント共有/営業支援アプリ

    iOS ドキュメント共有/営業支援アプリ

WEB-RTCベースでのモバイルUI開発はお任せください。

WebRTC

ビデオチャットの機能を活用しての遠隔作業支援や遠隔医療等を実現。
例えば、スマホのカメラで映像撮影しながら。熟練者の指示・アドバイスを受けることが可能です。

ObjectRTC

WEB RTCなら映像や画像へのマークもリアルタイムで同期。
例えば、作業個所も分かりやすくピンポイントで指示できます。

Signaling

またドキュメントの挿入も可能ですので組み合わせてコミュニケーションが可能です。
例えば、作業マニュアルを挿入しての指示等ができます。

ページの先頭へ戻る